--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2015.03.06 18:20

それなりに落ち着いた入院生活をしていたのですが、ついに私にも波乱が訪れてしまいました(・_・;)
何が起こったのかというと、突然の破壊衝動(>_<)ふつうにお昼ご飯を食べてふつうに読書して散歩して…と、変わらない入院生活を送っていたのに、急に入院した時のような怒りと破壊衝動が出てきてしまいました(つд`)
その時はとにかくイライラして看護師長さんに「顔が険しいぞ!何かあったらすぐ来てね」と言われてしまう始末(;・д・)
しばらく我慢していましたが、しまいには目に入ったベッドの柵を投げそうになりまして(´`:)誰かに怪我をさせる前にどうにかしないと(自覚があって良かったです)と思ったため、看護師長さんに面会(?)
「ベッド柵ブン投げそうです」
と言ったところ、ベッド柵回収していかれました(笑)ついでに医師の診察も受けようか、ということで(日曜日だったので私は知らない先生でしたが)診察を受けて、とにかく鎮静するため?の頓服としてエビリファイ液12mlを飲むことに。
このエビリファイ液ですが、12mlとなるとマジでデカイです(O_O)見た時は「こんなに飲めねぇよ!」と思いましたもん(笑)
思っていたより甘い液剤で、とりあえず飲んで横になっていなさいと言われたのですがイライラそわそわしている私にそんな指示が通るはずもなく(つд`)
結局保護室へ入ることになりました。
私もおぼろげにしか知らなかった保護室ですが、保護室というのは通称らしく、正式には隔離室と言うそうです。
24時間電気がついていて、監視カメラもついていますしトイレがむき出し(´`:)自分で流すこともできません(・_・;)(正直トイレくらいは自分で流したかったけど、トイレの流すスイッチが保護室外なので自力ではどうにもならんかったです。女性だとこれは少し…恥ずかしいですが致し方なし)
保護室には物を持ち込めないらしいのですが、真冬なので…上着とメガネは持ち込ませてもらいました。(メガネ持って行ったけど全く使いませんでした…本持っていけないので使い道もない笑)
思っていたより広い部屋でしたが、廊下から部屋に入るときのドアは推定10cmは厚さがありそうなドア(゚-゚)そして反対側も廊下になっていて、そっちには鉄格子+監視カメラがいらっしゃいました(>_<)
廊下に両側を挟まれた形のお部屋ですね。とっても無機質な空間で、なーんにもなく退屈でした(;・д・)
上述の通り興奮状態だった私ですが、頓服のエビリファイが効いたのかそれとも保護室の魔力なのか?(笑)夕方には少しずつ落ち着いてきました(*^^*)
夜ご飯もふつうに食べられましたし、お薬も飲まないとな…と思えたのでちゃんと飲みました(*´∀`*)エビリファイが効いたとしか思えない結果になりました(今思うと。)
でもまだ微妙にイライラが残っているのでしばらく保護室にいることにしました。24時間監視されてるし電気も消えないし、正直良い環境とは言えないんですけど、なぜか外から鍵をかけられてなんか安心したんですよ。これで誰かに危害を与えることもない。勝手に外から人が入ってくることもない。
不思議ですね(つд`)保護室という妙な空間に入って安心するなんて、本当に不思議。
その日は少し長く眠れました(*^_^*)

お薬は変わらず。頓服飲んだので
朝 デパケンR100mg
  
夜 デパケンR100mg
  ラミクタール12.5mg(隔日)
  エビリファイ3mg
  リスペリドン0.5mg+1mg(リスパダール液)
  ベンザリン5mg(眠剤扱)
  ルネスタ2mg(追加)

頓服として エビリファイ液12ml


エビリファイ液、スーパーパワーを発揮してくれました。多少のイライラは残ってましたけど、幻聴も無くなったんですよ←これに関しては次回書きます(>_<)
何より、少しでも眠れたというのが幸せでした(眠剤追加されてますけどね…笑)
スポンサーサイト

| 通院記録 | |

プライベートモード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。